--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11
2009

■一時停止

CATEGORY雑記丼
あの話題のスペインホラー映画「●REC」の続編、「●REC2」が新たに劇場で公開されていますが。「クローバーフィールド」を見てからずっと興味があった「●REC」を昨夜やっと見ることが出来ました。
s-rec2.jpg



「●REC」のあらすじ
TV局レポーターのアンヘラは消防士への密着取材中、あるアパートを訪れた。老婆が暴れているらしく、消防士や警官らが取り押さえようとするが、老婆は逆に警官に噛み付いてしまう。なんとか襲われた警官を助け出し、手当てのためにアパートの外に出ようとすると、出入り口はなぜか警察によって封鎖されていた。このアパートには何があるのか? そしてアンヘラたちが回し続けるカメラには、恐怖の一夜が映し出されることになる……。


クローバーフィールドはデジカメ?で素人の撮影でしたが今回はちゃんとしたプロのカメラマンに取材用カメラでこれまた臨場感たっぷり。最近深夜にホラー映画を放送してなかったり、ビデオ屋に足を運んだりまったくしてなかったので久々のホラー映画だったんですがもう一人でずっとビビりまくりビックリしまくり、次は「どこから何が来る?」てずっと考えてビビリっぱなしの77分間でした。

怖かったりびっくりした場面がいろいろあったんですが、螺旋階段の上から消防士が落ちてくるところが一番印象的でしたね本気で「うおおっっ!」と声を出してびっくりしてしまいましたw
そのほかは警察官や消防隊員の勇気ある行動。次々と襲われて感染していく住人達。一つ一つが重要な場面で画面から目が離せませんでした。

全部のシーンぶっ飛ばして、クライマックスのところ。
アパートの最上階に事件の元凶「病原菌」が発見され、これがアパート内で広まって住人に感染し「ゾンビ」では無いらしいんですが可笑しなことになったというワケでした。
そして部屋の中には今回の事件の真相らしき資料がたくさん置いてあり、探ってる最中に勝手に天井が開いて中を除くと感染した子供が居て真っ暗な部屋で頼りだったカメラのライトが壊されてしまい暗視スコープモードに切り替え、クローバーフィールドでもありましたが真っ暗な所で暗緑色の暗視スコープが逆に恐怖をあおりました。
暗視モードに切り替えた所にラスボス登場、食事を取っていなかったからか監禁されていたからか全身ヨロヨロ骨に近い状態で「サイレントヒル」に出てきそうな野郎でした。ラスボスに見つからないようにゆっくり動いて暗視スコープを頼りに脱出を試みるレポーターのアンヘラとカメラマンのパブロでしたがやっぱり見つかりカメラをたたきつけられてフルボッコでパブロは死亡・・・?アンヘラは落ちたカメラを広いパブロを探しつつ脱出しようとするのですがコケてぶったおれます。倒れているところにアンヘラは暗闇の中に引きずりこまれていきました。

ここで「●REC」1作目は終了。
終わり方がバットエンドにも取れるのですが今回「●REC2」と続編が放映されました。
「●REC2」は1作目のちょっと時間が立った後、前作のラストシーンから始まるようです。
今回は4人のSWATと興味本位でアパートに忍び込んだ人達が主人公。
撮影方法はもちろん前回と同じ、前作では取材用カメラでの撮影でしたがREC2ではSWATのヘルメットにとりつけられたカメラで撮影、忍び込んだ人達もカメラを持っています。
予告編を見るにSWATの視界で銃を乱射しているのでどうにも「FPS」にしか見えませんでした。
本編を見たいのですが映画館で見るようなたくましい精神を持ち合わせていないので、DVDが出たら借りて見ようと思っています。

REC2での注目すべきところは前作の主人公「アンヘラ」が出てくるらしいです。
これ以上はあんまし知らないしネタバレになっちゃうので控えておきますが。



久々のホラー映画「●REC」でしたが大変面白い作品で程よくびびらせて頂きましたorz


ご視聴は自己責任で


第1作目「●REC」予告編



第2作目「●REC2」予告編(上映中)



●REC2 公式サイト




映画のほとんどアンヘラのおっぱおに釘付けだったなんて誰にも言えない

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。